INTERVIEW

福本 真也

PERSON

福本 真也

エリアマネージャー

2001年入社

SHINYA
FUKUMOTO

福本 真也

CAREER STEP

  • 2001年4月販売スタッフとして葛の葉店勤務

  • 2003年5月アシスタントマネージャーへ昇進

  • 2005年4月店長へ昇進

  • 2014年7月スーパーバイザーへ昇進

  • 2019年4月エリアマネージャーへ昇進

INTERVIEW
6つの質問

福本 真也

QUESTION.1むか新を就職先に選んだ決め手は?

まず地元の企業を探しており、地域密着型の“むか新”を候補にしていました。そこで会社説明会に参加した際に、当時の社長(現、会長)の「創業の想い」そして「社長の夢」を聴いて感銘を受け、“むか新”で働きたい!!と思い、入社を決めました。

QUESTION.2入社前と入社後の心境の変化は?

そうですね。強いて言うなら「わくわく」の種類に変化がありました。入社前はどのような仕事があるのかを“待つ”「わくわく」が多くを占めていましたが、入社後はいろんな仕事へチャレンジすることが許されていて、まだ新入社員なのに仕事を任されていろんなチャレンジを“探す”「わくわく」に大きく変化していきました。

福本 真也

QUESTION.3仕事を通じて一番嬉しかった体験は?

数え切れないほどありますが……やはり親しくなったお客様との絆が深まることでしょうか?私が異動になり他の店舗へ配属になってからも、わざわざ私の顔を見に遠くの店舗でも足を運んでくださるお客様がたくさんいらっしゃいます。「会いに来たよ!!」とおっしゃっていただくときが一番うれしい瞬間ですね。私自身、親しいお客様を作ることが何よりも仕事のやりがいにつながり“むか新”に入って良かったなと実感しています。そのような関係性を築けたお客様とはパーティーに呼んでいただけたり、時には一緒に鍋をつついたりといろんな体験もできました。そして今も配属先の店舗にご来店していただいています。

QUESTION.4逆に一番苦しかった体験は?

「堺本館」という店舗が、移転・リニューアルOPENした時のことです。急な移転で準備もままならず、新人スタッフを採用したものの、販売トレーニングが不十分なままOPENを迎えました。すべてが思ったように上手くいかず、どのように販売員と接したら良いかもわからず、自分を見失っていた時が一番苦しかったです。今となっては良い経験となり、自分の目線だけでなく他者の気持ちになって、心にゆとりを持つことを学びました。

福本 真也

QUESTION.5あなたの仕事面での今後の抱負は?

今までの経験を生かして、任されている担当エリアの店舗だけでなく“むか新”の直営店全店舗で販売技術を広める仕事をしていきたいと考えています。又、いろいろな店舗でお客様との絆を深めるノウハウを販売スタッフに伝えていき、販売スタッフもより仕事にやりがいを感じてもらえるようにして、お客様にも強く必要とされる“むか新”を創っていきたいと思います。

QUESTION.6あなたにとって「むか新」とは?

“家族”と同様に大切な存在です。

福本 真也

MESSAGE

これから就職先にむか新をと考えている後輩のみなさんへ

たくさんの職種、またその中でもどの企業にするのかを決めるのは、本当に難しいことだと思います。アドバイスとしてはその企業の“想い”にどこまで共感できるか⁉が一番重要なポイントだと私は思っています。私は“むか新”の「創業の想い」に共感し入社しました。そして今でもその「創業の想い」を毎朝朝礼でみんなと唱和して胸に抱いて仕事をしています。自身が共感した“想い”が入社後も変わらずにそのままであることに幸せを感じています。私たちの“想い”に共感していただけるなら是非ノックしてみてください!!皆さんと一緒に働けることを楽しみにしています。